個人的に健康にためにやっていること2選

個人的にやっている健康法です。

 

朝起きたら、ベランダに出て後ろの首筋に日光をあてるようにします。
雨の日以外は、太陽が出ていなくてもそうしています。
首筋を温めることは自律神経を整えるのに効果があると聞いたからです。

 

しかし、毎朝温めたタオルを作るのも面倒ですし、自然の力に頼っています。
朝起きてからすぐに日光を浴びると目覚めが良くなり、また寝付きも良くなる気がしています。
自律神経を整えると、メンタルにも良い影響がありますし、体調も良くなります。
蛍光灯の光ではなく、自然の光を朝に浴びることが人間の体にとって、とても良いことだと思います。

 

他にも、健康のために朝にやっていることがあります。

 

それは白湯を飲むことです。
冷たい水でも熱いお湯でもなく、体温に近い程度の白湯を飲むようにしています。
体をびっくりさせない温度にする代わりに、比較的早くゴクゴクと飲むようにしています。
胃や腸が動き出して、お腹が空くような感覚があります。お通じも良くなりますし、習慣にしています。

 

人間は、寝ている間に水分を補給できずにいるので、寝汗などで脱水症状になっていることが多いです。
朝起きてから水分を補給しないで動き出してしまうと、脱水症状でフラフラになってしまうことがあります。

 

起きてすぐにコップ1杯に白湯を飲むことで、体に水分が行きわたり、体の臓器が動き始めて、目覚めも良くなるのです。
脱水はとても危険なので、必ず朝起きたら水分を補給できるように、ベッドのそばに飲み物を置いておいたほうが良いと思います。