歩くことによって体重が減り、新陳代謝も良くなる

以前の会社通勤はバス通勤であったため、ほとんど歩くこともなく、日々の歩く距離はせいぜい3キロくらいだったと思います。だんだんと便秘になり、体重が増え、体力もなくなりました。少し、運動をしようと歩いたり、走ったりしましたが、なかなか改善せず悩んでいました。

 

そうこうするうちに、転勤となり、自宅から2キロの距離までの通勤に。ちょうど、バスは通っていなかったので、自転車で通勤を考えていました。ところが、自転車が壊れてしまい、歩くことに。仕方なく1ヶ月程度歩いて通勤するうちに、体が軽くなってきたのです。体重を計ると2キロのマイナス。それが嬉しくなり、徒歩通勤を続けました。

 

すると、足は細くなり、体重も5キロマイナス。便秘は解消し、体力もついたような。驚いたのは歩く速さでした。以前は30分程度かかっていたものが、20分くらいに。

 

考えてみると、往復で4キロ歩いていたわけですから、軽い運動と一緒ですよね。それは夏も冬も続けました。そのうち、街中まで行くのにも歩きで行くようになり、今でも歩くことは続けています。

 

以前と比べると、体調の良さは言うまでもありませんが、記憶力も高まっているように思えます。歩くことは重要なんだと実感しています。